食べ放題に行く前の準備

MENU

食べ放題の準備は前日から始まっている

 食べ放題に行く前には私は準備をします。もちろん、服を着るとか財布にお金を入れておくとかそういうことではありません。

 

 食べ放題に行く以上、可能な限りたくさん食べたいと思うのは人の性でしょう。では、どのようにすれば食べ放題店で悔しい思いをせずに多くの食べ物を食べることができるのでしょうか。

 

 私の経験上から得られたやり方をお教えします。

 

 たくさん食べるにはまず胃の容量を大きくします。つまりたくさん食べることですね。

 

 みんな勘違いしている人が多いんですが、食べ放題に行くからお腹を空かせるために今晩は食事抜きだみたいに思うのは間違いです。

 

 私のやり方はランチの食べ放題に行く前日の晩には腹いっぱい食事をします。そうすることによって胃の容量は確実にいつもよりも大きくなります。

 

 そして、次の日の朝、大量の水を飲みます。これはフードファイターの人たちが胃を大きくするのためのトレーニングでやっているのを真似しました。

 

 フードファイターの人たちは一度に12リッターも飲んでるそうですが、私の場合は一度に飲む水の量は2リッター程度。私の胃の容量なんてそんなもんです(^-^;

 

 で、朝に食べ物ではなく大量の水を飲む理由は、水は消化する必要がないですし、すぐに排出されてしまうからです。お昼になってもまだ胃の中に食べ物が残っていてお腹が空いていないという状況を避けるわけですね。

 

 もちろん、普段からこんなことをしているわけではありません。値段が高い食べ放題に行く時なんかは前日からこのように準備をしていますが、普段のランチでは自分の食べたいだけ食べ、お腹が苦しくなるまでは食べていないです。美味しく食べて気分良く帰りたいですからね。

 

 ただ、やはり5千円とか1万円クラスの高級食材を使った食べ放題にチャレンジする時はかなり用意していきます。

 

 ディナーの場合は、前日の夜もがっちり食べ、そして次の日の11時前ぐらいに早めのランチでお腹いっぱい(しかし消化の良い炭水化物系のみを食べる)にし、夜にはお腹ペコペコという状態を作って食べ放題に臨みます。

 

 普段の食べ放題では「自分が食べれる容量を超えて食べて、お金払って苦しくなって帰るなんて馬鹿みたい。」などと達観したようなことを言っているくせに、高級食材食べ放題なんかになると自分がいつも馬鹿にしている通りの馬鹿になってしまう自分が悲しい(泣)

 

 貧乏性は抜けませんね。まあ、食べ放題が好きっていう時点で間違いなく金持ちではないんですけど(笑)

関連ページ

体重制食べ放題
食べ放題の料金を体重制にしたら面白いのではないかと思います。体重が重い人は料金が高くなり、体重が軽い人は料金が安くなるシステムにすればお店も儲かるのではないでしょうか。
南大沢でアンジェラとロシアンに会ってきた!
八王子の南大沢駅前にある東京ミートレアで大食いイベントがあり、アンジェラ佐藤さんとロシアン佐藤さんが出演していたため、フードファイターの大ファンである食べ放題管理人も握手会に参加してきました。
食べ放題と貧乏性
基本的に貧乏性の人は食べ放題が大好きです。かくいう私も貧乏性だから食べ放題が大好きなわけで。そして貧乏性なので食べ過ぎて苦しい思いをするというのを繰り返しても中々学べないのがつらいところです。