体重制食べ放題

MENU

もしも体重で食べ放題の料金が決まったら

 食べ放題の料金で、年齢や性別で差をつけている(小学生料金やシルバー料金、女性料金など)お店はたくさんありますが、体重で料金に差をつけているお店があれば良いのにと最近よく思います。

 

 フードファイターなどの規格外の人たちは大体が痩せて体重が少ないですが、一般的に言えば痩せている人は小食ですし、でっぷりと太った人は食べる量が多いのは当たり前です。

 

 仮に食べ放題の料金を体重制にするとどのようなことになるでしょうか。

食べ放題の料金が体重で決まるので困っている太っている女性

 まず、男女の別や年齢で料金に差をつけることを止めます。性や年齢は人種などと同じで、自分の意思で変えられないもので差をつけるのは差別と言われても仕方ないからです。ある意味どうしてこのような差別的な料金体系がまかり通っているのか不思議ではあります。

 

 映画館のレディースデイとかレストランのレディースセットなんかも同じですよね。アメリカでやったら完全に差別で訴えられるレベル。女風呂に男が入れないとかとは全く意味が違って、映画の鑑賞や食事の種類や料金を性別で差を設ける合理的な理由がありませんから。

 

 まあ、その問題は食べ放題とは関係ないので横に置いといて、例えば50kg以下の料金、55kg以下、60kg以下、65kg以下、70kg以下、71kg以上という5kg刻みで6段階の値段を設定するとしましょう。通常2000円で設定している食べ放題ならば、50kg以下は1000円、55kg以下は1500円、60kg以下2000円、65kg以下2500円、70kg以下3000円、71kg以上4000円という設定にします。

 

 こういう値段設定にすると、71kg以上の体重の重い人(要はたくさん食べる人)はまずこの食べ放題には来ないでしょう。だって普通の値段なら2000円ぐらいの食べ放題なのに倍も払わないといけなくなりますから。70kg以下の人も微妙です。家族連れで自分だけ体重が70kgぐらいある人ならば入店するかも知れません。

 

 65kg以下なら来るかも知れませんし、来ないかも知れません。60kg以下なら体重制じゃない値段と変わらないので、来る人数に差はないでしょう。

 

 55kg以下と50kg以下の人は喜んで来ることでしょう。だって、50kg以下の人なんて通常の値段の半額ですから。

 

 店の受付の横にパーテーションで囲まれた体重計測コーナーを設けます。店員と体重を測定するお客のみが体重を確認できるようにし、洋服などの風袋として一律1.5kgは測定値からは引くような形にしておきます。もちろん、何kg以下なのかは料金で一緒に来店したお客さんにはわかってしまいますが、56kgなのか60kgなのかはわからないような仕組みです。

 

 これね、太った女性は来ないですよ絶対。体重がわかるの恥ずかしくて。でも、例えば50kg以下の女性なんて別に体重恥ずかしくないし、そもそも50kg以下というのはわかってもその人が40kgなのか50kgなのかはわかんないじゃないですか。

 

 そうなると、太った女性は体重がわかるのが恥ずかしくて来ない、そして筋肉質の体育会系や太った男性は料金が高いから来ない。つまり、食べ放題で一番食べる層が客として来ないわけです。もしも、来店したとしても通常よりも倍も高い値段を払ってくれる優良顧客じゃないですか。ようこそいらっしゃいませですよ。

 

 しかし、そもそも痩せているそんなに量を食べれない人は食べ放題なんかに来ないんじゃないかと思う方もいるかも知れませんが、そういうわけでもないんですよ。

 

 色んなものをちょっとずつ食べたいから食べ放題が好きって女性は多いんです。ただ、今までは、大して量が食べれないのに凄く食べる人と一律料金だったため、凄く損してたんですよね。だから、食べ放題に行きたくてもなんか損してるなあと行く頻度が低目だったわけです。本来2000円の食べ放題が1000円だとか1500円で食べれるとなれば、来店する頻度は確実に上がりますよ。

 

 まとめてみましょう。

 

体重の多い人(食べる量が多い傾向の客)→来店数減少、来店しても高額料金
体重の普通の人(食べる量が普通の傾向の客)→来店数変わらず、値段も変わらず
体重の軽い人(食べる量が少ない傾向の客)→来店数増大、低額料金

 

 となります。今まで大量に食べていた客が来なくなり(来ても料金が高いので来てもらっても結構)、少ししか食べない客が増えるわけです。となると、客数が変わらなかったとして(食べる客が減り、食べない客が増えるので客数自体はプラスマイナスゼロになると強引な計算をするとして)、同じ食べ放題を今までよりも安価に楽しめるお客が増えて、うまくいけば(食べられる食材の量が少なくなるので)食材の質を上げることもできるかも知れません。

 

 そうなれば、美味しいものをちょっとずつたくさん食べたいという人たちには願ってもない食べ放題になると思います。体重60kg前後の私にとっても、値段的には変わらずとも食べ物の質が上がるのであれば、願ったり叶ったりです。

 

 こんな食べ放題を私が住んでいる多摩地区でやってくれるお店を作ってくれれば良いなあ。航空運賃だって体重で決めている航空会社もあるんだから、法的にはなんの問題もないと思うんですが、どうでしょう。

関連ページ

南大沢でアンジェラとロシアンに会ってきた!
八王子の南大沢駅前にある東京ミートレアで大食いイベントがあり、アンジェラ佐藤さんとロシアン佐藤さんが出演していたため、フードファイターの大ファンである食べ放題管理人も握手会に参加してきました。
食べ放題に行く前の準備
食べ放題に行く前には準備があります。準備を怠ると大して量が食べれずに悲しい思いをすることになるかも知れません。
食べ放題と貧乏性
基本的に貧乏性の人は食べ放題が大好きです。かくいう私も貧乏性だから食べ放題が大好きなわけで。そして貧乏性なので食べ過ぎて苦しい思いをするというのを繰り返しても中々学べないのがつらいところです。